子守り屋 第三話

子守り屋 <第三話>
        
酒屋の丁稚奉公、平八郎、気になることがございます。
 
ガラマサ兄弟のことが、一件落着したのは良かったのだが
ガラマサのお父で、髪結いの亭主、牛五郎さんが
おさびさんとの間に出来た子供は、確か四つ子と言っていた。
 
ってぇこたぁ、あれだよなぁー。
ガラマサの兄弟が、他に、もうふたり居るってことだよなぁー。
どうにもこうにも気になって、仕事に身が入らねぇ平八郎。
余計な、お節介とは、わかっちゃいるが・・・。
配達の合間に、おさびさんの店へ立ち寄ることにした。
 
河川敷の桜の名所に近い、表通りの小粋な場所に
おさびさんのお店はあった。
 
そこら一帯は、おしゃれな上方の江戸っ子御用達の町屋。
庶民な平八郎は少し緊張していた。
場違いな小僧だなと思われないか、オドオドしていたので
周りから見たら、相当キョドっていた。
 
覚悟を決めて、えいやっ!! と、店の引き戸を開けた。
 
いらっしゃい〜。
 
気怠そうな声で振り向いた、おさびさんはとても美しかった。
平八郎の緊張はMax。変な汗をかいて、真っ赤になりながら
しどろもどろで説明をした。
 
ああ、話は聞いてるよ。
家の子らが、世話になったんだってねぇ。
お兄さん、ありがとうよ。おおきに。
 
いえいえ、とんでもねぇですよ、姉さん。
おいらは、当たり前ぇのことをしただけでさぁ。
そ、それより、牛五郎さんが、あの子ら四つ子だって
言ってやしてね。他の兄弟はどうしたのかなぁーとね。
思っちゃったり、しちゃったり、したもんで、そのぉ。
 
すると、おさびさんの顔色が急に変わった。
 
なんのことだぇ。
そんなこたぁ、お前さんには
関わりのないことですろ。
さぁさぁ、商売の邪魔すんなら
とっとと、けえっとくれっ!!
 
そう言って、平八郎を追い出すと塩を撒いて、
物凄い勢いで、ピシャリと戸を閉ざしてしまった。
 
平八郎は、尻餅をついたまま、
しばらく、あっけにとられていた。
 
しょんぼりしながら、夕暮れの河川敷を、
ひとりトボトボ歩いておりますると、
夕げの支度前の奥さん達が集まって立ち話をしていた。
 
ねぇねぇ、奥さん、お聞きになりましたぁ。
最近、この河川敷で、神隠しがあったんですってよぉ。
しかも、子供ばかり狙ってるそうなのよ。
あら、やだ、怖いわねー売られちまうのかねぇ。
家の子にも気を付ける様に言っとかなきゃだわ。
 
神隠し? 世の中、物騒になったもんだなぁー。
平八郎は、ため息をつきながら、家路を急いだ。
 
そんなことがあって、しばらく経ったある日のこと。
例の町屋の近くに、配達の用事を任された平八郎は
たまたま、おさびさんの店の前を通り過ぎた。

あの時のことを、思い出し、何の気なしに振り返ると
おさびさんが、まだ昼前だってのに、看板を下して
そそくさと出掛けてゆくのが見えた。
手には、小さな包みを、袖で隠す様に持っている。

平八郎、気になって、見つからないように後をつけた。
 
裏通りの路地を何度も曲がり、人目の付かない納屋に
おさびさんは入っていった。隙間から覗いてみると
そこには、ガラマサと同じ年頃の三毛と黒の幼子がふたり。
おさびさんの持ってきた、おかか結びを夢中で頬張っていた。
 
でも、なんだって、こんな所に隠れているんだろう?
平八郎は、不思議でしかたなかった。
 

その帰り道に、考えながら、橋の上を歩いておりますと
すれ違いざまに、肩がぶつかり転びそうになった。
 
おおっと、あっぶねぇなー。
ちゃんと前見て歩きやがれっ!!
出前の寿司が、台無しじゃねぇかぁー。
 
寺小屋で、同期だった洋平だった。
洋平は、三兄弟の真ん中で、陽気で元気な黒白猫で、寿司屋で修行中だ。
長男の恭平は、キジトラ。その容姿を見初められ、呉服問屋の若旦那に。
末っ子の心平は、キジ白。物静かで手先が器用なので、かんざし職人に。
 
進む道は、それぞれに違っても、幼い頃を共に寺子屋で過ごし
生まれ月も近い、同い年だったので、四匹は仲が良かった。
なので、今でも、時々、集まって、夜が更けるまで語り合ったりしていた。
 
なんでい、誰かと思ったら、平公じゃあねぇか。
どうした、神妙な顔しちゃって、またフラれたんか?
そっか、そっか、気にしなさんなー。
今夜、久々に皆で、パァーっと飲もうぜぃ!!
 
まったくぅ、昔っから、洋ちゃんは、人の話を聞かないんだからぁ。

その日の夜、仕事が終わってから、いつもの居酒屋に集まり
平八郎は、今までのいきさつを、みんなに話した。
 
おさびさんなら、知ってるよ。お得意さんだもの。
かんざし職人の心平が、珍しく、いの一番に話し出した。
 
身重になってから、しばらく仕事を休んでたから
今年の春に、お祝いを持ってけって
師匠に使いを頼まれたんだ。
確か、茶トラ二匹と三毛と黒の赤子だったよ。
 
ビンゴだ。平八郎は確信した。
 
ああ、あの髪結いの旦那なら、知ってらー。
今度は、寿司屋の洋平が喋りだした。
 
うだつの上がらねぇ牛五郎っていやあ有名だよ。
家の店でも、飲んだくれて、つけが溜まっちまって
とうとう、親父さんの堪忍袋の緒が切れて
出入り禁止になったばかりなんだぜー。
 
やっぱり。平八郎は思った。
 
そういえば、神隠しって噂、知ってる?
呉服問屋の若旦那、恭平も口を挟んだ。
 
あれって、子供をさらって、小姓として売ってるらしいんだ。
家の商売柄、色々と裏社会の話も耳に入るんだけどね。
借金の肩代わりにする奴もいるんだって。
 
借金の肩代わりか・・・。平八郎は、ハッとした!
 
その時だった。
店の外で、誰か助けてーと悲痛な叫び声と共に
荒くれ者たちの怒鳴り声が聞こえてきた。
平八郎たちが、慌てて、表に出てみると
絡まれているのは、なんと、おさびさんだった。

子供が、私の子供たちがー連れて行かないでぇー。
おさびさんは泣きながら、懇願した。
 
恨むなら、てめぇの甲斐性なしの旦那を恨むんだな。
博打で負けこんだ分の銭を返さねぇのが悪りぃんだよ。
代わりに、ガキ共を担保にするって、あいつが言ったんだから。

平八郎、頭に血が上って体がブルブルと震えました。
気が付くと、荒くれ者のひとりに殴りかかっておりました。

そして、三平達も、助っ人するぜっ!! とばかりに、
ひらりひらりと身をかわし、バッタバッタと曲者退治ー。
 
の予定でしたが、誰かが通報したらしく
途中で岡っ引きが、御用だ御用だーと現れ、曲者ごと退散。
 
おさびさん、大丈夫かい?
あんたこそ、怪我ぁしてるじゃないか。
 
おさびさんは、平八郎に先だっての非礼を詫び
一度、子供たちが、さらわれそうになったので
口を閉ざし、隠していた事情を話してくれた。
 
なんて、ひでぇことしやがる。
そうだ、これからは、おさびさんが仕事で
忙しい時には、おいらたちが順番で、あの子らの
面倒を見ていてやるよ。だったら安心だろう。
 
こうして、三毛のみそちゃんと、黒ののりくんの
子守り役を請け負った四平達は、代わる代わる、ふたりを可愛がった。
 
今日は、誰が、みそ当番だっけ。
のりは、男のくせに、いつまでたってもヘタレだなぁ。
だって、あんな怖い思いをしたんだから仕方ないよ。

てな具合いに、お兄さん風をビュービュー吹かせながら
毛繕いやら何やらと世話を焼き、お蔭で、ふたりの髭は
舐められ過ぎて、いつも短いのです。
 
向こう三軒両隣り。
こうして、みんなの支えや見守りのお蔭で
今日も、町は、平和を保っているのでした。

めてたし、めでたし。だよね。
 
           【第三話・完】


≪ あとがき ≫ 
 
その後、平八郎は、酒屋を手伝いながら
副業で、子守り屋という商いを始めた。
これが、口コミで評判となり、お江戸の
ワーキングマザーに重宝されたとな。

いわゆる、これが、ベビーシッターの走り
元祖と言われています。 
 
まぁ、嘘ですけどね。
 
読んでいただき、有り難うございやした。
シーズン2、これにて終了です。

一部のマニアックな皆様に、楽しんで
いただけたら幸いです。
 
また、くだらない妄想を思いつきましたら
続きをかこうかな〜なんて思うとりますので
よろしくお願いします。
 
のらみい拝

スポンサーサイト

  • 2017.10.16 Monday
  • -
  • 12:18
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>

A8.net

楽天

GMO

NTT

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

links

profile

search this site.

sponsored links

others

mobile

qrcode